社員1人1人が自分の役割を与えられ、自分の技術に責任をもって作業をしているため
自分がなにをすべきかどうかを明確にし生産性の向上を測り、社員1人1人が責任施行を行うことで施行技術の信頼性が高く自身を持って作業を行なっています。